一度アメリカに住んでいる日本人の知り合いの息子さんを高校のときにホームステイをさせたことがあります。
きちんとした日本語でお願いの手紙が来たときは、しっかりとご両親に育てられたのだろうと想像しました。
まだ次男が生まれて乳母車で散歩をする時期だったので、そんな事もやって貰った事もありました。
偶に母親の親戚に遊びに行ったり、日本にもご両親の親戚はいたようですが、2ヶ月という長い期間を御世話になる訳には行かなかったようです。
食べ物もお母さんにお聞きしてあまり偏りの無いように気をつけてメニュも考えていました。
その後、あまり長いので、一寸だけその高校生は近くの工場で誰でも出来るバイトをするようになりました。
日本語も英語も堪能だったので珍しがられたようです。
今考えると、英語会話のバイトでも良かったかもしれません。
今は大学も卒業してすっかり社会人となって仕事をしていますが、いまだに年賀状を送ってくれます。
御世話をすることは大変でしたがアメリカの様子などの話を聞く楽しみもありました。