私は、中学生の時に塾に通っていました。
高校受験をするために、学校の授業が終わってから、塾に通いました。
塾は、ワンツーマンの塾で、生徒1人に対し、先生が1人ついてくれます。
分からないことをすぐに質問することが出来るので、苦手分野を克服することも出来ました。
また、志望校の高校にも受かりました。
私が通っていた塾の先生は、大学生でした。
大学生がアルバイトで塾の先生をしていたのです。
私が大学生になった時に、中学生の時にお世話になっていた先生から、久しぶりに連絡がきました。
塾の先生をしないか。
と、誘われたのです。
私は、塾のアルバイトは時給も高く、やりがいがあると聞いていました。
せっかく先生からのお誘いです。
私は、塾の先生のアルバイトをはじめることにしました。
塾の先生のアルバイトをしてから、生徒に教える楽しさを知ることが出来ました。
また、私が中学生だったころに、先生がどのような点に注意をして、教えてくれていたのか。
よく知ることが出来ました。